清香園たより

”くるみ”は園主 徳永亮の孫にあたります。

清香園たより Vol.206

復興のチューリップ

熊本地震で被害の大きかった益城町赤井地区に住民の人達がチューリップを植えられています。この赤井地区は震度7の地震で家や畑に被害があった所です。私も知人が住んでいたのでよく会いに行った自然が豊かないい所でした。のんびりしていました。あの4月14日と16日を境にして地獄のような風景に様変わりしました。あれから2年が経ち、住民の人達が国道沿いの耕作放棄地に2万本のチューリップを植えられました。私も4月8日のチューリップ祭りを見に行きました。赤、白、黄のチューリップを植えられていました。一面に咲き誇っています。地区の人達も大勢来られています。皆さん笑顔、笑顔です。早く元通りの生活に戻られますようにお祈りしました。

祭り

熊本県の南端の牛深で私の大好きなハイヤ祭りがありました。この祭りは女性の皆さんが揃いの浴衣で踊られます。その時のリズムは最高です。(サッサヨイヨイ)ハイヤエ~ハイヤ、ハイヤ、朝出した船はエ~、サッサヨイヨイ、私はこのかけ声、リズムを聞くと体が自然に1人で動きます。止まりません。困っています。今回も家内が「お父さん踊りはやめてよ」「はい、絶対踊りません」と約束しました。私は私の手、足に言いました「今日は頼むけん踊るなよ」今回は踊らない自信がありました。(ヨイサ~、ヨイサ~)聞こえてきました。家内に今日は踊りませんよ。サッサヨイヨイ、ハイヤエ~ハイヤ、ハイヤ、いい気分です。体が勝手に動いています。無意識に動いています。家内にすみませ~んと言いました。

くるみ

4月10日にくるみさんが通う高校の入学式がありました。私はくるみさんに「くうちゃん10日は休みたいね」「学校よ」「どうして、入学式だろ」「そうよ」「そんなら休みたい」「入学式に聖歌隊で参加するとよ」「くうちゃんな聖歌隊かい」「ちがうよ、助っ人で加勢をするとよ」「そうかい」「そうよ」「頑張って」「はい」入学式で聖歌隊の加勢でヘンリーマート作曲「み神はわが羊飼い」を歌うそうです。愛知万博に手をつないで行った事や、熊本の小学校に転校してきたこと、走馬灯のように思い出します。今、バイオリンを頑張っています。近ごろは少林寺拳法までしています。気が気ではありません。先日は腕を打たれていました。「くうちゃん少林寺は危なかぞ」「大丈夫」「危なかて。茶道がよかぞ」「大丈夫」辞める気配なしです。心配の種です。

泥まみれ

八代市の印鑰神社でフナ取り神事がありました。この神事はその昔、蘇我石川宿禰(そがのいしかわすくね)にフナを捕まえて献上した故事にちなみます。締め込み姿の男達が池の中に入りフナを捕まえて見物人に投げています。その時に泥も一緒に投げます。この神事には昨年も行きました。フナを1匹ゲットしました。その時はフナと一緒に泥が飛んできたので顔が泥パックになりました。シャツも泥だらけです。今年は準備万端整いました。雨合羽にゴム長靴着用です。今回は大丈夫、フナと長靴が飛んできました。右の方角からでした。「ヨッシャ~、捕ったぞ」その時、左の方角から飛んできました。油断しました。ついにやられました。顔は泥だらけです。しかし泥がつくと一年間無病息災で暮らせるそうです。感謝!!

<

>

お知らせ一覧へ戻る